カレッジ日記

専門学校仙台カレッジオブデザインの学校生活をご紹介します!

平成29年の塾生の募集

仙台カレッジ学習塾 平成29年の塾生の募集のご案内です。

指導形式 マンツーマンの個別指導です。

授業時間 午後6時から午後9時までです。

教科     全ての教科に対応致しますが、一コマ90分の中で週1回の指導の場合は、
         1教科が限界になります。
       
受講料    一コマ90分をマンツーマンで毎週1回受講した場合、1か月25000円になりま
          す。
          一コマ90分を2名の生徒が不明点の質問を受ける形式で毎週1回受講した場合、
          1名1か月15000円になります。 

場所    仙台市宮城野区原町1丁目3-21 コンフォート宮城野ステーション2階F号室

現在、受け入れられる曜日と時間
 火曜日 午後6時から午後7時30分
 水曜日 午後6時から午後7時30分  午後7時30分から午後9時
 木曜日 午後6時から午後7時30分

生徒の個性と指導内容

 自分で学習を進めることができない生徒
   自宅学習時間が取れないため、塾の時間のなかでのみ指導をすることとなります。
   週1回の受講では、学習のすすみ方に限界がありますが、基本から指導致しますので
   全く指導を受けない場合よりは学習効果が期待できます。
   学校の宿題の指導も致します。
   生徒が抱えている問題を話し合いながら指導を進めることにより、自ら学習する意識改革を
   行います。この指導は、仙台カレッジ学習塾の特徴です。

 家庭学習ができるが、学習効果が見られず成績に結びつかない生徒
   自宅学習の仕方、学校の授業の受け方を指導致します。
   「教科書を読んで内容を理解しそれを記憶にとどめた後に外に向かって表現する。」という
   基本的な学習方法の反復を行います。
   家庭では、それに基づいて、問題の量をこなして頂くこととなります。
   もちろん、学校の宿題の指導も致します。

 理解力があり、学校の授業に十分対応し、自主学習もできる生徒
   学習進度を加速することにより、高い学力が身に着くよう指導致します。
   学校の授業の先を進み難問を解くことにより高い実力が身に付きます。

申込方法
  電話かメールでご連絡ください。
    メール  mail@scd.ac.jp     電話 090-1067-3908
    指導担当者 井上馨 




スポンサーサイト



PageTop

セイルヨット ヨットスクール が開校します。

セイルヨット主催のヨットスクール「セイルヨットスクール」が開校します。

初めてヨットに乗る方、小型ヨットに乗ったことがある方、日本国内をクルージングしたい方、外国までヨットで行ってみたい方、どんな方でもオーケーです。

初心者の方から、ちょっとヨットで遊んでみたい方、高度なセーリング技術の習得を目指す方、年齢・性別は問いません。

ヨットを楽しみたい方であれば、どなたでも歓迎します。


気仙沼2
2016年10月 気仙沼から出航


気仙沼1
2016年10月 南三陸町沖 壮大な夕焼け


コルセア
2016年11月 整備中のスクール使用艇と朝日

open7.5
2016年11月 整備中のスクール使用艇



開校    平成29年4月1日

募集開始 平成29年3月1日
  (資料の配布は、平成29年3月1日から開始します。)


資料請求
  次の内容をご記入いただき事前にメールでお申し込みください。

       メールアドレス aga@sailyacht.co.jp

ご記入いただく内容
       氏名 年齢 性別 住所(郵便番号もお忘れなく)
 
       電話番号(すぐにつながる電話・携帯OK)
       メールアドレス(募集要項をメールに添付して送ります)


講義会場    セイルヨット仙台オフィス
          仙台市宮城野区原町1丁目3-21 コンフォート宮城野ステーション2階F号室 

実技会場    株式会社セイルヨット
          宮城県宮城郡七ヶ浜町花渕浜館下75-53
          電話 022-357-5653 

               
 

PageTop

募集停止のお知らせ

夏も終わりというものの、まだ暑い日々が続いています。いかがお過ごしでしょうか?
さて、仙台カレッジオブデザインでは、学校の内容の変更をすることになりました。
従いまして、来年の平成29年4月の入学につきましては、募集しないこととなりました。
資料をご請求いただきました皆様、将来入学をお考えの皆様には大変申し訳なく存じており、お詫び申し上げます。
ゆっくり検討して、新たな学校として皆様にまたお目にかかることとなりますのでそれまでしばらくお時間を頂戴いたします。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

専門学校仙台カレッジオブデザイン
 校長 井上馨

PageTop

新年のご挨拶

新年となりました。
長い間カレッジ日記をお休みしていましたが、やっとまた書く時間が取れるようになりました。

さて、昨年は、5月に学校を移転したり、個人的にも多忙で、本当に忙しい一年でした。
今年は、余裕を少し持てそうですね。

それでは、本校の特徴の少人数制について、何が良くて何が良くないのか考えてみましょう。

まず、入学された方々が、途中で退学されることがありません。
本校では、生徒が100人くらいのときは、最大で10人くらいの退学者がありましたが、少人数制を取り入れてからは、退学者はなくなりました。
退学の原因は、学校に魅力を感じなくなったり、進む方向が在学中に変わったり、経済状況などが悪化したりといろいろ考えられますが、一番残念なことは、入学を決めるときに、学校側が学校にとって都合のいい情報だけを提供するだけて、生徒の本当の姿を見てあげていないことと、生徒の側が軽い気持ちで入学を決めていて、だめだったらすぐに退学してしまうということだと思います。
学校側は、生徒がたくさん入学しないと学校としての経営が大変なので、とにかく入学者を増やそうとする傾向にあります。そうしないと学校が潰れてしまいますよね。
生徒のほうは、まだ自分の将来設計を十分に考える力が不足しているので、良さそうな話に飛びつく傾向がありますよね。
保護者のみなさんは、子供が望むことだし自分はよくわからないのでお金だけはだしてやろうとしますよね。
そういった状況が合わさって、生徒が何か問題を感じると退学してしまう場合が多いのではないのかなと思います。

本校の少人数制では、入学者が少ないので、入学前からよく話し合う時間を取るようにしています。それから、入学後は、生徒は多人数にまぎれることができませんので、よく考えないで学校を選ぶ方がいないのだと思います。さらに、生徒の人数が少ないので、先生は生徒のことがよくわかりますし、生徒も先生のことがよくわかるという利点もあります。もちろん、よく話し合っています。

一方で、少人数制の問題点は、運営資金が少ないので、経済的な安定を保つのが難しいということです。言い換えれば、先生の給料は高く出来ませんし、立派な校舎も難しいということです。

そんな少人数制ですが、生徒の皆さんと先生方の協調と調和によって、今年も全員の就職が内定しました。生徒の皆さんは偉いですよね。本当にしっかりしています。もともとそんな人たちだったようにも思います。私自身が同じような年齢のときは、もっといいかげんだったように思いますね。

こんなことが年の初めに頭をよぎりました。
今年も、生徒とともに頑張りますよ。もちろん無理はしませんよ。
皆様にとって良い年になりますようお祈りいたします。

専門学校仙台カレッジオブデザイン
校長  井上馨

PageTop

移転のお知らせ

先日、学校が移転致しましたのでお知らせいたします。

新住所  〒983-0841
       宮城県仙台市宮城野区原町一丁目3番21号
       コンフォート宮城野ステーション 2階F号室

       電話 022-291-3577
        FAX 022-291-3566

        皆様、よろしくお願い致します。

         専門学校仙台カレッジオブデザイン
                  校長 井上馨

PageTop